Home 株式会社喜多猿八

 

ロックウール栽培マニュアル「トマト」 

★ロックウール栽培マニュアル「イチゴ」はこちら

 

ロックウール栽培マニュアル(トマト)

 

ロックウール栽培マニュアル(トマト)

 

【品種】桃太郎ファイト

 

栽培管理(は種時)

  • は種箱に砂、又はバーミキュライトを入れて平らにする(厚さ 4~5cm)
  • 十分に散水し種子をバラ播きする
  • 覆土を6~8mm行う
  • 新聞紙をかけて、その上から軽く散水する

移植までの管理

  • 25~28℃で管理し、発芽したら新聞紙を取り除く
  • 子葉が展開したら除々に夜温を20~23℃に下げる
  • 葉の色が悪い時には EC 0.5~1.0ms/cm程度の養液を灌水する

移植方法

  • ロックウールは、グロイングブロック(DM 4 36/40)を使用する
  • グロイングブロックに養液を十分に含ませ、本葉が1~2枚展開したら移植する
  • 移植直後は3~5日ごとに灌液する
  • 養液濃度は、EC 0.8~1.5ms/cmで必要に応じて調節する
  • 高温期は灌液量・回数を増やして、グロイングブロックの温度を下げる

施設の消毒

  • ホルマリン100倍液でベッド下の消毒(10a当たり300L)を行う

スラブの調整・定植管理

  • スラブのラップの中にドリップチューブを2~3本差し込む
  • 定量灌液を行ってスラブに養液を満たし、定植準備を行う
  • 本葉8~9枚、花房が出たら定植を行う(1スラブに2~3株)
  • グロイングブロックにドリップチューブの付いたスティックを差し込む
  • 定植直後の灌液濃度は定植前の濃度で行い、生育を見ながら一週間毎に養液濃度を上げていく(EC2.0~2.6ms/cm上限)
  • 灌液量は最初200mlから始め、スラブからの排液量を見ながら灌液量を調節していく
  • 灌液回数は、1回の灌液量は冬場の場合は65~90cc、 1日の灌液回数は8~10回
  • 灌液回数は、1回の灌液量は春~夏場は70~80cc、1日の灌液回数は12~13回

スラブ内養液

  • スラブ内ECは、供給液 ECの±0.5m s/cm以内に抑える
  • スラブ内PHは、5.5~6.5にする(チェックは定期的に行う)

ハウス内の管理

<室温>
  • 日中:午前中25~28℃、午後23~25℃で管理する
  • 夜間:生育に合わせ10~13℃を目標に管理する
<スラブ温>
  • 日中:28℃以下に管理する
  • 夜間:13~16℃を目標に管理する
<湿度>
  • 日中:天窓や窓側の開閉で調節する
  • 夜間:湿度を低く抑える

その他

  • データー記録は毎日行い、栽培記録に役たてる
  • システムの保守のために定期的に掃除をする

整枝・誘引

  • 原則として1本仕立てとし、誘引は紐か支柱で行う
  • 長段栽培は、ずり下げか斜め誘引を行う

摘果

  • 必要に応じて行う
  • 1花房あたり3~4個を目安とする
えんぱちくん
夢とロマンの21世紀ビジョン

えんぱちブログ

Link

Contents

Information

お問い合わせ

農業やガーデニングに関する疑問や質問などお気軽にお問い合わせください。
e-mail