Home 株式会社喜多猿八

 

ロックウール栽培マニュアル「イチゴ」

★ロックウール栽培マニュアル「トマト」はこちら

 

ロックウール栽培マニュアル(いちご)

 

ロックウール栽培マニュアル(いちご)

 

親株ランナー取り

  • 定植苗からランナーを出し、苗を取って挿し苗用ロックウールに挿す(10月下旬頃)
  • 挿す苗用ロックウール「CLASSIC3050A2(30cm×5cm×90cm)」を、5cm×6cm角に切って使用する
  • ハウス内で管理する
    【病害対策(炭疽病)】挿した苗は水稲育苗箱に入れて育苗する(始は60株/箱→24株/箱根が増えて隣りのロックウールに入りそうな時に広げる)
  • 挿し苗後、根が出るまでは水で乾かないように管理する

親株ランナー管理

  • 根がロックウールから出てきたらOKFー1の2,500倍液(EC0.5)を散布する
  • ロックウールが乾かないように十分に注意する

親株鉢上げ

  • 2月20日頃に挿し苗を、グロイングブロックに植える

親株定植

  • 3月20日頃に親株を高設ベンチのロックウールスラブに定植る、長さ90cm幅25cmロックウールに8株を千鳥に植える

親株定植後管理

  • 溶液肥料 OKF―1 2,500倍液(EC0.5~0.6)で、灌液回数8回~14回 4分/回、灌液時間6:00~16:30で行う
  • 設定ECロックウール内ECが0.2以上差がなりだしたら、灌液回数を増やしていく

ランナー出し

  • 4月10日頃から発生、その時に長さ10cm位は残し、それ以上の苗は取り除く

挿し苗

  • 1型は5月下旬から6月上旬
  • 2型は6月下旬から7月上旬に挿す
  • 3番(三郎)をメインにし2番(次郎)で採れる苗は採る
    →その後ランナーを発生させ2回目の苗を用意する、親株からのランナー発生は7本とする

子苗資材の準備

  • 育苗箱、スピンアウト(根止め紙)(古い物はイチバンまたはケミクロンGで消毒する)

子苗の管理

  • ロックウール→CLASSIC3050A2(30cm×5cm×90cm)を5cm×6cm角に切ってそれに挿す
  • 挿した苗は、水稲育苗箱に入れてスピンアウトを敷き育苗する(始は45株/箱→24株/箱根が増えて隣のロックウールに入りそうな時に広げる)
  • ハウス天上をビニール張りし、遮光ネット30%wで遮光する
  • 子苗挿し後、活着する5~7日は水だけを散水する(肥料がない方が活着が良い)―専用のシステム使用
  • 根がロックウールから出てきたら、OKFー1の2,500倍液(EC0.5)を散布する
  • ロックウールが乾かないように十分に注意する
  • 微量要素欠乏の予防のために、BーM10,000液を根が出てから適度に散布する
  • 子苗ロックウールの薬剤どぶ漬はしない(新葉が黒くなり縮むことがある)
  • 葉がしっかりしてきた時、段々遮光ネットを取り除き、日を当てしっかりとした苗を作る

本圃の定植準備

  • ベット下消毒ーホルマリン100倍散布する10a当たり300L使用するーハウス内が60℃以上になる時は使用しない(暖房機の故障)
  • シルバーマルチ3切りの用意

夜冷

  • 1型 8月10日に夜冷施設に入庫、9月5日頃に出し定植(入庫5日前に肥料散布をやめる)
  • 2型 9月5日に入庫し、9月15日頃に出し定植

定植及び後管理

  • ロックウール幅25cm長さ90cmに10株植える=9月20日頃定植
  • 定植後、葉水は2回/日する、定植後7日頃からシステムの液 EC 0.5 を葉水する

おいしい苺を作る栽培管理

  • 夜温は葉がある程度成長してくる程度の温度で管理し、高温にはしない
  • ハウス内を明るくする
  • 粗植にする
  • 葉面積を確保する
  • 根張りをよくする
  • 炭酸ガスを入れる=朝10~11時
  • 葉面散布剤を散布する―スイートBマジツク・リンクエース
えんぱちくん
夢とロマンの21世紀ビジョン

えんぱちブログ

Link

Contents

Information

お問い合わせ

農業やガーデニングに関する疑問や質問などお気軽にお問い合わせください。
e-mail