Home 株式会社喜多猿八

 

IM総合防除

■IPMとは?

IPMとは、「Integrated Pest Management」の頭文字を取ったものです。
日本語訳としては、「総合防除」とか、「総合的有害生物管理」が使われてきています。
耕種的、生物的、化学的、物理的な防除法をうまく組合わせ、経済的被害を生じるレベル以下に害虫個体群を減少させ、かつその低いレベルを持続させるための 害虫個体群管理のシステムであり、害虫による被害軽減にとどまらず、付加価値を持った生産物の提供や薬剤抵抗性問題軽減、農業環境の保全などを農家や消費者にもたらします。
IPMを正しく行うことは、農薬使用の最適化に繋がります。なお、IPMとは農薬を使用しないことであるとの誤解も一部にあるようですが、「化学的防除」もIPMの重要な手段のひとつであり、農薬を使用しないことがIPMではありません。

IPMの目的

  • 病気や害虫が発生しにくい環境づくり
  • 圃場環境の整備
  • 排水・高うね
  • 通風良好
  • 損傷回避
  • 適正施肥
  • 過乾・過湿排除
  • 伝染源保毒植物除去
  • 圃場内外雑草除去
  • 未熟有機物過剰施用回避

■IPM (総合防除)プログラムとは・・・

天敵にやさしい殺虫剤や殺菌剤を使いながら、害虫の天敵である寄生蜂などの有用昆虫を温存し、作物の品質・収量を安定させる総合防除体系のことです。同一薬剤を多用するのは好ましくありません。薬剤のローテーション散布を心掛けることによって、作る人には省力と減農薬で安心という価値が生まれ、食べる人には安全・安心を贈る、減農薬でも品質・収量を安定させる、人にやさしい農産物づくりの手法です。

IPM総合防除プログラム



■IPMに用いられる防除手段

化学農薬が広く使用される以前から現在に至るまで、いろいろな防除手段が取られてきました。病害虫に犯されにくい抵抗性品種や接木台の利用、輪作や混植による連作障害(土壌病害虫被害)の回避、中耕・除草作業や被害枝の剪定や被害株の除去、水はけや土壌pHの改善などの耕種的な手段、袋掛け(果実)や寒冷紗掛けによる物理的な害虫侵入防止、誘蛾灯や樹幹のムシロ巻き(果樹・庭木、冬場)などによる害虫の誘引・誘殺など知恵を絞った対策が取られてきました。これら手段の有効性は今も変わりません。

それに加え、戦後には防除技術の研究も進み、新しい防除手段も開発されました。抵抗性品種の開発はもちろんのこと、フェロモン剤(誘引剤)や、生物農薬(昆虫、ウィルス、線虫、細菌、糸状菌など)も市販化されています。また、太陽熱消毒や黄色蛍光灯(ヤガ類の忌避効果)、紫外線除去フィルム(灰色かび病やスリップス類などの防除)の利用、バンカープラント(農作物近接地の天敵生息場所となる植物)やトラップクロップ(線虫などを捕獲する植物)の栽培など数多くの例あります。また、化学農薬の進歩もありました。人畜に低毒性であるだけでなく、天敵にも高い安全性を持つ新規の作用や機能を備えている多様な薬剤が開発されて化学的防除のツールも格段に広がりました。

ひとつの作物に被害を及ぼす病害虫や雑草の種類は複数あり、数種類が同時に発生することも珍しくありません。よって、ひとつの手段だけで被害を抑えることは不可能と言えます。現在、上記のようないろいろな手段がすでに利用されていたり、比較的簡単に入手できたりするようになりました。多彩な手段が整ってきたことが、IPM実践の大きな原動力になっていると言えます。今後は、これらの情報を臨機応変に応用できる体制やシステムの構築が課題であると指摘されています。
えんぱちくん
夢とロマンの21世紀ビジョン

えんぱちブログ

Link

Contents

Information

お問い合わせ

農業やガーデニングに関する疑問や質問などお気軽にお問い合わせください。
e-mail