夢とロマンの21世紀ビジョン Home 喜多猿八トップへ
夢とロマンの21世紀ビジョン

私たちは、これからの100年もお客様のお役に立つ為に、走り続けます

私たち喜多猿八は、西暦2000年の幕開けとともに、新しい100年への第一歩を踏み出そうとしています。
これまでの100年、永きに亘ってご愛顧下さいましたお客様方に、心からの感謝を申し上げます。

西暦1900年(明治33年)創業以来、「お客様のお役に立つ」を掲げて頑張ってまいりました。そして、これからもお客様のお役に立ち、求められる喜多猿八であるために、社員一人一人が考え「夢とロマンの21世紀ビジョン」を策定いたしました。

この実現に向けて、21プロジェクト委員会を発足し、事業化に向けてのモデル、販促方法、価格を検討し、今からの事業として取り組みました。本社事業部を三木町に移転することによって環境にも恵まれ、農家さんとの接点を多くもつ事ができるようになりました。

社員一人一人が参画しての手作りながら、新事業の立ち上げに向けて、1つずつゆっくりとビジョンが現実のものとなろうとしております。 今、ここに100周年を迎えるにあたり、喜多猿八の取り組んできた活動の成果を皆様にご報告し、この実現に向けての決意を表明いたします。

このたびの100周年は、喜多猿八の歴史の中でも大きな一つの節目ではございますが、私たちは、今この地点こそが、新しい時代へ向かってのスタートであると考えております。 先人の築き上げた100年に感謝し、これからの100年も「お客様に役立つ」企業であり続けるために、私たちは、「~ing(~続ける)」の精神で走り続けます。これからの喜多猿八の『100ing』にご期待下さい。
喜多猿八はいつも何かやる会社だなと思われるように考働してまいります。