夢とロマンの21世紀ビジョン Home 喜多猿八トップへ

21世紀ビジョン事業

栽培総合研究事業
栽培総合研究事業では、環境に優しく「旬のおいしさ」を提供できる新しい農業技術や栽培方式を研究し、栽培に関する技術情報の提供・指導・支援を行っていきたいと考えています。

育成制御

栽培総合研究事業は、21世紀の農作物の栽培に関わる、農薬、肥料、資材等に関する情報について、生産者の方々にお役に立てるような情報を収集し、それらの情報提供を行うと同時に、専門的なアドバイスや相談に対するフィードバックを行います。 また、楽しい農業、儲かる農業に向けて、新しい栽培方法等の発掘も行っております。
育成制御

栽培方式

栽培方式これからの農業は腰が痛いとか時間を浪費するようなものでなく、楽に楽しく儲かる農業へと変わっていくべきであると考えます。また、人口が膨れ上がった現在では、これまでの農業の方式による食糧の供給は、難しい問題であると思います。
そうした状況の中で、土を使わない農業「ロックウールプラント」のように、革新的に進んでいる農業技術を先取りして実験農場にて研究、ノウハウを蓄積し、お客様に最新技術情報を提供できるように取り組んでいます。



◎ロックウールプラント

ロックウールプラント現在、三木町本社裏側に、テストプラントを設置し、栽培技術やノウハウを蓄積しています。ロックウール栽培システムの使用で、新農法を開発し、楽しく夢ある農業を提案すると共に、社員自らが運営し、栽培技術及びデータを収集し、生産農家の皆様へのより適切な栽培アドバイス、支援に貢献したいと考えております。
プラントや資材販売にも意欲的に取り組み、21世紀の新しい農業の形として進めていきます。