夢とロマンの21世紀ビジョン

21世紀ビジョン事業

クラインガルテン事業
人類は利便性を追求して近代化を図ってきましたが、その一方で美しい緑資源を知らず知らずのうちに失う事となりました。その結果、都市部に住む人々には土に触れる機会、土を肌で感じる機会さえ滅多にありません。そこで私達は、再び人間らしい生き方に立ち返り、本物の土に触れて作物を育てる喜び、収穫の喜びを知り、忘れられた喜びを思い出します。
喜多猿八は、その為に最もふさわしい事業であるクラインガルテン事業を行います。家族とのふれあい、人と緑、人と人の出会いの場や空間を増やし、ゆとりある豊かな時間をクラインガルテン事業で提供していきたいと思います。

収穫のよろこび体験事業

人が人に物事を伝える時、「体感する」という感覚が、もっとも伝わりやすい方法です。収穫のよろこび体感事業は、ロックウールプラントや野菜園、果樹園で栽培されたいちごや、バラなどの収穫体験によって、「収穫のよろこび」や「自然との ふれあいの大切さ」を体感していただき、自然や農業に対する関心を深めて頂きたいと考えております。
そして、たのしい・うれしい体験を、ご自宅でも味わって頂けるように、ロックウールミニセットや「えんぱちいちご」を販売していきます。
ロックウールプラント

ふれあい農園事業

ふれあい農園事業ふれあい農園事業は、「ふれあい」をテーマにしたクラインガルテン事業を展開しております。休耕田などを有効利用しながら、人と自然にふれあいたい人、新しい遊びを探している人、生き甲斐を創りたい人など、全ての人の心を満たせる空間づくりを目指しています。
また、同時に、土に親しみ作物を育てるよろこびや、大地の恵みに対する感謝の気持ち、自然や農業に対する関心を持って頂きたいと願っています。






◎「KITAふれあい農園」のご紹介

私たちは、次のようなふれあい農園を開設し、イベント開催や運営管理に携わっています。
今後は、クラインガルテン法案も念頭に置きながら、全ての人の心を満たせる空間づくりや、クラインガルテンの仕組みの整備に、取り組んでいきたいと考えています。

KITAふれあい農園野菜園<KITAふれあい農園野菜園>
住所:高松市太田下町 開設:1996年4月 総区画数:15
ぽっかり屋根の小屋がある、水田に囲まれた小さな農園です。おかげさまで、全区画貸し出し中です。
年に2回、イベントを行っております。お近くにお寄りの際にはぜひ遊びにおいで下さい。
KITAふれあい農園果樹園<KITAふれあい農園果樹園>
住所:高松市屋島東町 開設:1999年5月 総区画数:15
今年開設したばかりの果樹版クラインガルテンです。果樹を幼木から大きく育てる所まで、楽しく育てて頂きたいと思っております。
現在、様々なイベントを企画中です。


◎幼稚園児のクラインガルテン

幼稚園児のクラインガルテン幼稚園児を対象に、ミニトマトやとうもろこしの収穫、芋掘りなど、様々なイベントを通じて、体感できるクラインガルテン事業を行いたいと考えています。
土を愛し、収穫の喜び、大地の恵みを体感することは、情操教育の一環にもなります。
また、 自然に生きる虫や動物、植物の生命力や自然の摂理を実際に目にすることで、自然の中で生きる事の大切さを学ぶ事ができると思います。

アグリメンタルヘルスケア事業

アグリメンタルヘルスケアアグリメンタルヘルスケア事業は、まだ構想段階にある事業です。
企業の行う教育研修のカリキュラムの中に、「農作業」を通じた収穫のよろこび体感、栽培の楽しみの体験を組み込むことで、心身共に疲れている現代人の精神健康度を取り戻します。
大地や、自然の恵みに感謝し、人間の原風景とも言える農業に回帰することで、ヤル気、活気に溢れた社員を育成するための事業です。