夢とロマンの21世紀ビジョン Home 喜多猿八トップへ

21世紀ビジョン事業

景観総合研究事業
私達は今まで経験したことのない、地球上に60億の民が住む過密人口の時代に直面しています。また、自然環境の悪化により、無味乾燥の人工の世界で暮らさざるを得ない状況にあります。生活の潤いや安らぎのある人間的で豊かな生活を送るためには、もっともっと緑と共生を図らなければなりません。
私達は『美しい景観を創りあげ完成(周辺との一体化)までお手伝いする』景観事業を行います。人と自然の結びつきを強め、生活の潤いを提供するお手伝いをしたいと思います。この景観事業により、人々が本当の自然を知り自然の中で生活する喜びを見いだせる足がかりにして頂く事を願っています。
生活を緑で包む喜びや安らぎ、清涼さを是非感じてもらいたい。それが喜多猿八が景観事業を行う起点であります。

庭園開発事業

庭園開発事業では、身近な所からの緑化を通じて、人と自然の結びつきを深め、地域社会や生活に潤いを提供するお手伝いをするために、活動に取り組んでいます。
平面に限らず、様々な場所を緑化の対象として開拓、21世紀の庭として、やすらぎやゆとりある豊かで人間的な生活を提案し、社員手作りによる緑化活動や商品開発に取り組んでいます。
庭園開発事業図

インフラパーツ事業

インフラパーツインフラパーツ事業では、庭園開発事業を通じた、インフラパーツの啓蒙と普及に務めています。人工的な世界では、自然と人とがやさしく助け合ってはじめて、住み良い、豊かな世界になると私たちは考えます。
インフラパーツは、機能や品質において無限の可能性を秘めた素材であるとともに、私たちと同じ想いの元に創り出された商品です。現在、庭園開発事業の一環として、本社物流センター入り口横の果樹の根上り防止に、KCサークルを設置しています。
また、屋上庭園に芝を敷く際にも、通気と水はけを良くし、強度を高めるために、波板のインフラパーツを使用しています。

※インフラパーツは(株)インフラテックの商標登録です。

オールライフケア事業

オールライフケア事業オールライフケア事業は、環境部が主体となって行っている事業です。
緑資源が一つの潤いある緑の空間として完成するまで、健康に、美観を維持したまま、育成していく過程をサポートし、メンテナンスを行っていきます。
今後は、専門的知識を生かした、緑の健康診断を行うなど、新しい展開をはかっていきます。